内定承諾書の承諾後に内定辞退って出来るの?


これから新卒で就職活動をされる方もいるかと思います。
中途で転職活動をされる方もいらっしゃるかと思います。
企業(会社)から採用されるためには
何が必要なのでしょうか?
早速、見ていこうと思います。

採用内定通知(内定通知書)が出てから、
必ずと言っていいほど、書かされるものが、
内定承諾書(入社承諾書)です。

内定承諾書(入社承諾書)を書いた後に、
他の企業(会社)に内定が決まり
取消や辞退したいという方もいらっしゃるかと思います。

では実際に内定承諾書を書いた後に、
内定承諾書の取り消しというのは
可能なのでしょうか?

実は言うと「時と場合によって可能」です。
内定承諾書「法的強制力」が無い書類です。
あなたが企業と交わす「約束」の意思表示
罰則を設けることは労働基準法で禁じています

そのために内定を取り消すことは可能ですが、
重要なことは3点あります

1点目入社までの研修を終えてから
内定を辞退するパターンです。

企業に入社するまで、内定者説明会内定者懇談会など、
企業から呼び出しの連絡があることもあります。
もちろん入社前に研修がある企業もあります

研修などのイベントを通した後に、
内定を辞退すると、ノウハウの持ち逃げとして、
損害賠償を適用される可能性もありますでの、
気を付けましょう。

内定通知を貰った企業入社第1希望の場合でしたら、
イベントに出席しても構いませんが、第1希望の会社ではなく
他にも天秤にかけている企業があり心配でしたら、
都合が悪くて欠席の連絡をするのも1つの手です
ただどちらにしても、イベントがあるというのに、
連絡もせず、放っておいて無断欠席社会人としてまずいことです。
欠席の際はしっかりと担当者に連絡致しましょう

こういったイベントの欠席でも、
内定辞退(入社辞退)の際でも、
企業側から指示が無ければ基本は電話で連絡致しましょうう
手紙だと迅速性に欠けますし、メールだと丁寧さに欠けるので、
なるべく電話で連絡するべきです。

では次項に関しては、
内定辞退(入社辞退)の注意点の2点目から
説明したいと思います。


 

おすすめ書籍

 

関連記事

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.