内定を貰った後は何を書けばいいの?


これから新卒で就職活動をされる方もいるかと思います。
中途で転職活動をされる方もいらっしゃるかと思います。
企業(会社)から採用されるためには
何が必要なのでしょうか?
早速、見ていこうと思います。

内定を貰うために大切なことは、
まずは企業(会社)面接書類審査筆記試験
パスする必要があります。

その後、企業(会社)によって
対応が異なります。

まず通知書が送られてきたり、
会社に来て書いてもらうこともあります。

その際に書いてもらうものは、
内定通知・内定承諾書・雇用契約書・
内々定通知・誓約書・労働条件通知書などなど

いろいろな種類がありますが、
実はという、どれも若干異なりますので、
少しずつ説明していきたいと思います。

内定後は本来、労働基準法では、
労働者を雇用した場合には、
その内容について「書面にて明示」
しなければなりません。

それが内定通知・内定承諾書・雇用契約書・
内々定通知・誓約書・労働条件通知書などなど
いろいろとあるわけです。

この取り交わしの際、
双方納得の上で契約を締結させる必要があります。
つまり給与雇用条件をお互いに確認し、
書類にハンコを押す必要あるということです。

こういった取り交わしの文書
出してこない企業もありますので、
注意しましょう

取り交わしの文書を出してこない企業の中には、
一般的に言われる「ブラック企業」と呼ばれる会社も
ありますので注意するに越したことはありません
もしも、取り交わしの文書が出てこない際は、
担当者に一度聞いてみるのも良いかも知れません。

取り交わしの文書は基本、入社前入社初日
書類として契約しますが、時に入社前に契約書を貰い
入社初日までに書いてきて会社に提出させるという企業も
ありますので、その部分は担当者に聞いて
手続きを済ませましょう。

では次項に関しては、
内定通知・内定承諾書・雇用契約書・
内々定通知・誓約書・労働条件通知書の中の
内定通知について詳しく見ていこうと思います。


 

おすすめ書籍

 

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.