御礼状(お礼状)は【メール】で送ってはダメなのか?


これから新卒で就職活動をされる方もいるかと思います。
中途で転職活動をされる方もいらっしゃるかと思います。
企業(会社)から採用されるためには
何が必要なのでしょうか?
早速、見ていこうと思います。

採用内定通知を貰った後は、
企業(会社)に対し「御礼状(お礼状)」を送るべきです。
では御礼状はメールで送ってはダメなのでしょうか?
この答えに関して言うのでしたら、
「応募企業の業種によってはOKという答えになります。
その代表例の業種「マスコミとIT関係」の業種です。
マスコミIT業界でしたらメールでの返答(返事)
書いても大丈夫です。

「マスコミとIT関係」の業種に限っては、
メールでの御礼状(お礼状)頻繁に出回っていたりします。
しかし、これを裏に返せば
「マスコミとIT関係」以外の業種だとメールでの御礼文
避けた方が良いということです。

業界によってはメールの御礼文
あまり一般的ではありませんので、
担当者によっては不快感を示します

メールで御礼文を送る際は、
宛名「採用内定通知書」にある
人事部(面接官)の採用担当責任者の方に送ります。
もしも、その方のメールアドレスが不明の場合は、
会社あるいは関連部署の代表アドレス宛てに送ります。

メールの場合は、本文よりも、
「件名」に気を付けた方が良いです。
まず何のメールなのかすぐにわかるように、
「採用内定のお礼」や「内定ありがとうございます」
というように、企業の担当者がメールの件名を
一目見ただけで内容や用件が理解できるような件名を付けましょう。

メール内の本文に関しては、
前回記事の御礼状例文のような本文で問題ありません
内定通知書を貰った後の【御礼状(お礼状)】例文

強いて言うとしたら、メールでしたら
署名は本文が終わった後に書き込んだ方
良いかもしれません。

手紙のような手書きですと、
署名は頭に持ってくることがありますが、
メールの場合は基本、署名が本文のあとになります

————————————–
○○大学○○学部
名前:○○
メールアドレス:○○○○@○○○○
住所:○○県○○市○○町○○
電話番号:○○○-○○○○
————————————–

というような署名です。
あとは内容は基本、手紙でもメールでも
大きな変わりはありません

では次項に関しては、
他の御礼状の種類や活用法
見ていこうと思います。


 

おすすめ書籍

 

関連記事

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.