内定通知書を貰った後の【御礼状(お礼状)】例文


これから新卒で就職活動をされる方もいるかと思います。
中途で転職活動をされる方もいらっしゃるかと思います。
企業(会社)から採用されるためには
何が必要なのでしょうか?
早速、見ていこうと思います。

採用内定通知を貰った後は、
企業(会社)に対し御礼状(お礼状)」を送るべきです。
では御礼状の中身というのは、
どういったものを書けばよいのでしょうか?

御礼状の中身基本手書きで書きます
御礼状の場合は、相手に熱意と感謝の気持ち
伝えるためにパソコン書きはなるべく避けましょう

内定の御礼状は、便箋に手書きで、
ボールペン万年筆で書きます。
便箋の場合、基本は縦書きですが、
横書きでも問題はありません

あとは書く際には、
誤字、脱字に注意しましょう
特に先方の社名担当者名に誤りがあると
非常に失礼です。また間違えた際は修正テープなどを
使わず新しい便箋に書きなおしましょう

書き始めは、このようにしましょう。

パターン1:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平成××年××月××日 
○○○株式会社
○○様
   
住所×××
○○大学○○学部○○専攻
○○○○

謹啓
先日は、採用内定のご連絡を頂き、ありがとうございました。
心より感謝しております。この数日間は緊張した日々を過ごしておりましたが、
来春から貴社で働けると思うと、改めて身の引き締まる思いが致します。
来春から、貴社の発展に貢献できますよう、一社員として
恥じることなく働かせて頂く覚悟でございます。
未熟な私ですが、今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。
まずはお礼を申し上げたくお便りいたしました。
内定の御礼を申し上げます。
敬具

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

パターン2:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平成××年××月××日 
○○○株式会社
○○様
   
住所×××
○○大学○○学部○○専攻
○○○○

謹啓
早春の候、貴社におかれましては、
益々ご隆盛こととお喜び申し上げます。
先日は御多忙のところ、私の面接のためにお時間を頂戴し、
誠にありがとうございました。
また、このたびは内定のご連絡を頂きまして、心から感謝申し上げます。
入社までの○○日間は、入社後すぐにでも結果が出せるよう
○○について学ぼうと考えております。
これからも初心を忘れず日々努力する所存でございますので、
どうか今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
まずはお礼を申し上げたくお便りいたしました。
内定の御礼を申し上げます。
敬具

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というような内容を書いておけば、
問題ないかと思います。

あとは封筒に入れて郵送で送るだけですが、
一緒に提出する書類があれば、まとめて送っても良いです。
その際には添え状をしっかりと付けて、
何を送るかを添え状に記載しましょう

ただし提出書類がある場合
その用意に時間がかかる場合は、御礼状だけを先に送るべきです。
御礼状は内定通知書を貰ってから、
すぐに送るのが基本です。添付書類の
準備に時間がかかるのなら、別途郵送しましょう

では次項に関しては採用内定の御礼状
「メール」で送ってはダメなのか?という
疑問について書いていこうと思います。


 

おすすめ書籍

 

関連記事

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.