内々定と内定の違いは何?+内々定の辞退の仕方とは?


これから新卒で就職活動をされる方もいるかと思います。
中途で転職活動をされる方もいらっしゃるかと思います。
新卒の方に関しては、内々定内定があります
では内々定と内定とはどんな違いがあるのでしょうか?
そもそも内々定とはどんな意味なのでしょうか?

実は言うと、内定と内々定の違い
ほとんどありません

大きな違いがあるとしたら2つあります
1つは内定を出した時期です。経団連の倫理憲章
「正式な内定日は、卒業・修了学年の10月1日以降とする」
と定められています。

つまり10月1日以降は「内定」と呼び、
10月1日以前は「内々定」と呼ぶわけです。

もう1つは「内定」と「内々定」は
「労働契約が締結」されている段階か?そうではないか?
という「労働契約の締結」の違いがあります。

10月1日以降の場合でしたら、
内定承諾書にもサインをする必要がありますので、
ある意味「労働契約が締結」している状態と言えます。
しかし「内々定」の場合は経団連の倫理憲章であるとおり
「正式な内定日は、卒業・修了学年の10月1日以降とする」
と定められている以上、10月1日以前では
企業と内々定者間「法的に拘束できる書類」
書かせることは出来ません

企業によっては内々定通知を出し、
内々定承諾書というものを書かせる企業もありますが、
これには法的拘束力が全くありません
ですので、辞退するのも自由です。

ですが法的には自由ですが、
辞退する際は、以前の記事
内定辞退は電話?手紙?メール?何が正しいの?
のようにしましょう。

辞退の際は基本、まずは電話で辞退を申し入れましょう
その後、承諾を得たのならお詫びの手紙を送り
辞退する形です。

電話で納得されない場合は、
直接会社に出向いたりしたりもするでしょう。
以前の記事、
内定辞退で電話を掛けるときはどんなことを言えばいい?3
でも書いた通り、
電話をかけて内定辞退が丸く収まるパターン
2パターンですが、

1つ目のパターン

電話(内定辞退の連絡)→手紙(改めてのお詫び文)

2つ目のパターン

電話(内定辞退の連絡)→直接訪問(詳細説明)→手紙(改めてのお詫び文)

まずは電話を心がけましょう
時々、始めから手紙メールで辞退を
申し入れる内定者内々定者もいらっしゃいますが、
辞退するときに大切なこと迅速に伝えることと、
誠意を持って伝えることです。

そう考えると、
手紙は届くまで数日かかりますので、ありえません。
メールも担当者がマメに見るとも限りませんし、
誠意が伝わりません

誠意さ迅速性を考えると、
「電話一択」になります

今まで返事を待ってくれた人事の担当者の方に、
電話で直接「断りの言葉」を伝えましょう

では次項に関しては、
逆に内々定通知を頂いた後の御礼状
どうするかを見ていこうと思います。


 

おすすめ書籍

 

関連記事

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.