内定式後の内定辞退(入社辞退)の方法


内々定をもらった方は、
企業によっては内定式というものに
出席する必要があります

中には、その内定式に出た後に、
内定を辞退(入社辞退)をされたい方
いらっしゃるかと思います。

内定式の際は内定承諾書(入社承諾書)を
書いて企業(会社)に提出したとしても、
内定承諾書(入社承諾書)自身には、
法的拘束力はありません。

故に、本来は内定辞退(入社辞退)は
内定式後でも出来ます。

ただし内定式後の辞退
2点気を付けたいことがあります。

1点目入社までの研修を終えてから
内定を辞退するパターンです。

企業に入社するまで、内定者説明会内定者懇談会など、
企業から呼び出しの連絡があることもあります。
もちろん入社前に研修がある企業もあります

研修などのイベントを通した後に、
内定を辞退すると、ノウハウの持ち逃げとして、
損害賠償を適用される可能性もありますでの、
気を付けましょう。

2点目入社時期です。

確かに内定承諾書(入社承諾書)には
法的拘束力はありません
しかし「入社2週間前」に内定を辞退すること
まずいことです

内定承諾書(入社承諾書)や誓約書などを出した後の
内定辞退は、労働基準法における
「労働契約」の解除になります。

労働契約の解除とは、企業に退職の意志表示をしてから
2週間で雇用契約を解約できるとしめした法的手段です。
つまり「入社2週間前」以前に断れば、
法的には問題はありませんが、
「入社2週間前」を過ぎてから内定を辞退しようとしても、
法的に問題がある可能性があります。

故に内定辞退は、なるべく早めに
連絡するのが鉄則です。
先延ばしにしすぎると後々問題になります
問題はなるべく早めに解決しましょう

この2点が注意点ですが、
誠心誠意謝れば、だいたい解決します
損害賠償脅迫とかはされませんので、
誠心誠意謝りましょう

では次項に関しては、
実際に内定式後に内定を取り消す方法
見ていこうと思います。


 

おすすめ書籍

 

関連記事

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.