内定式で自己紹介(自己PR)は何を話せばいいの?


内々定をもらった方は、
企業によっては内定式というものに
出席する必要があります

では内定式というのは、
実際に何か話すべき内容アピールした方が
良いのでしょうか?

内定式の場合、
挨拶文(あいさつ)の代わりとして、
自己紹介(自己PR)をしなければならない
企業がほとんどです。
もしくは入社の抱負を語らなければならない
企業もあります。

どちらにしても、こういった内容は、
何を話すか内定式の案内状
書いてあるかもしれません
もしも書いていない場合は、
面接時に使ったような自己紹介自己PR(アピール)文
語るのも1つの手です。

とは言え、この内定式
そういった自己紹介自己PRを言わせる意味は、
内定者同士の交流が目的です

あまり緊張せず気負いせず
語っていきましょう。
心配な方は内定式の事前に何を話すかを考えて、
自己紹介してみましょう。
奇抜なことを言うよりは、
無難にあたりさわりが無いことを言うのも1つの手です。

1つ例文を出すとしたら、
「会社の先輩の方々から教わった事を
いち早く覚えたいと思います。
また独自のスキルも身に付けて会社の役に立ちたいと思います。」

という無難な内容に、
自分の名前出身大学名を語るだけでもOKです。
そこまで身構える必要はありません。

ただし、自己紹介の際にタブーがいくつかあります。
まず1つ目に「自慢話」これはタブーです。
聞いている方が面白くありませんし、不愉快になります。

2つ目に「ネガティブ系の話」
聞いている側が暗い気持ちになるのもNGです。
相手もどう反応してよいか迷います。

3つ目に「下ネタ」
自己紹介で社会人としてはふさわしくありません。
もちろんNGです。

最後に「空気が読めてない話」
笑える雰囲気ではない自己紹介の場なのに、
無理に笑いを誘おうとしたり、
逆に和んでいるのに、硬すぎる表情で、
硬すぎることを棒読みしても問題です。
場の空気は一気に白けてしまう場合があるので、
これはこれで「空気が読めない人間」
思われてしまうかもしれません。

その4つのタブーにさえ
気を付けておけば、自己紹介(自己PR)
怖くはありません。何とかして乗り切りましょう

では次項に関しては、
内定式に出席する際の承諾ならびに出席できない時の辞退方法
書いていきたいと思います。


 

おすすめ書籍

 

関連記事

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.