内定式を出席を断る際(辞退)するときはどうしたら?


内々定をもらった方は、
企業によっては内定式というものに
出席する必要があります

中には用事があって、
内定式に出席できない方
いらっしゃるかと思います。

その際は、出席を断り
欠席しないといけない際は、
すぐに辞退の連絡をしましょう
辞退の連絡の際は迅速性を持って
対処するべきですので、電話を利用しましょう

まずは企業(会社)に連絡して、
担当者に繋いでもらいましょう。
そこで担当者に謝りましょう

「大変申し訳ないのですが、内定式の際、
どうしても抜け出せ内容がありまして・・・」

謝罪と内定式に出られない理由
担当者に言いましょう

ただし重要なことは、内定式に出なかったら
「最悪の結果=内定取り消し」
可能性もありますので、
本来、内定式の欠席はやってはいけないことですが、何かしら重要な理由があれば、企業側も
認めてくれるやもしれません。

その際には、誠心誠意を込めて、
担当者に内定式を出られない理由を語りましょう。

内定式を欠席することが出来たら、
あとは担当者にその後の手続きを聞いて、
臨機応変に対応しましょう

もしかしたら別の日に、
内定承諾書提出書類
出しに行く必要があるかもしれませんし、
企業によっては何もないかもしれません。
そこのところは担当者に詳しく聞きましょう

ただ重要なことは、
内定式に出席して「内定を勝ち取るか」
内定式を欠席して「代わりの用事を優先するか」
天秤に載せて、好きな方を選べばよいのです。

もしも、選べない際は、
無難に内定式に出席する方をお勧めいたします。
後々、問題が起こるよりは、そちらの方が良いかと思います。

ただし、この選択をするのは、
内定者内々定者の方々の選択次第ですので、
ご自由に決めて頂いても構いません。自己責任でですが。
社会人になれば、どちらか一方しか取れないという
選択も時にはありますので、今のうちに慣れておきましょう。

では次項に関しては、
内定式に出席した後の御礼状(お礼状)の書き方と対応について
見ていこうと思います。


 

おすすめ書籍

 

関連記事

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.