内定辞退は電話?手紙?メール?何が正しいの?


これから新卒で就職活動をされる方もいるかと思います。
中途で転職活動をされる方もいらっしゃるかと思います。
企業(会社)から採用されるためには
何が必要なのでしょうか?
早速、見ていこうと思います。

内定承諾書(入社承諾書)を書いた後に、
他の企業(会社)に内定が決まり
取消や辞退したいという方もいらっしゃるかと思います。

内定承諾書(入社承諾書)を書いた後に、
他の企業(会社)に内定が決まり
取消辞退したいという方もいらっしゃるかと思います。

就活生でも、転職者でも内定を辞退する際は、
礼儀を持って尽くさなければなりません
では内定の断り方はどうしたら良いのでしょうか?

内定を断る際に最も重要なことは、
まずは「気合」を入れることです
「気合」を入れて、誠心誠意謝る心構えを作りましょう。
とにかく「本当に悪かったです!申し訳ありませんでした!」
額に頭を擦り付けるような勢いで謝っても惜しくはありません。
内定を蹴るということは「企業に損害を与えたのと等しい」のですから、
それくらいの勢いで謝るべきです。

実際にそういう心構えを作ってから、
一刻も早く「電話で辞退する」ことが基本になります。

来社して辞退するべきという方も
いらっしゃるかと思いますが、
企業(会社)に行っても担当者が不在の時もありますし、
アポ無しでは失礼にあたる場合もあります。

また手紙メールで辞退を言うのは、
「絶対にありえません」
内定辞退は1秒でも早く辞退する
誠意を見せる必要があります。

手紙は数日かかりますので、ありえません。
メールも担当者がマメに見るとも限りませんし、
誠意が伝わりません

誠意さ迅速性を考えると、
「電話一択」になります

今まで返事を待ってくれた人事の担当者の方に、
電話で直接「断りの言葉」を伝えましょう

担当者が不在の際は、代わりに電話を取った社員の方に、
伝言を頼み、辞退することを伝え、いつ戻るかを聞き、
確認した上で再度電話をして「断りの言葉」を伝えましょう

出張などで長期いない場合は、
別の社員の方に辞退のことを伝えて
後日、担当者に電話で連絡して「断りの言葉」を伝えましょう

こんなことを書くと、
「本当にここまで必要なの?」と思われる方も
いらっしゃるかと思いますが、
ここまで必要です内定辞退の重要なところは、
「誠意を見せる」ことです
ここまでしたとしても惜しくはありません

もしかしたら断った企業
将来はビジネスパートナーになるかもしれませんし、
お客様になる可能性もあります。
どこがどう繋がるかはわかりませんので、
誠心誠意を込めて電話で謝りましょう

では次項に関しては、
具体的に内定辞退で謝る内容を見ていこうと思います。


 

おすすめ書籍

 

関連記事

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.