内定辞退を【手紙】で申し出よう(例文付き)


これから新卒で就職活動をされる方もいるかと思います。
中途で転職活動をされる方もいらっしゃるかと思います。
企業(会社)から採用されるためには
何が必要なのでしょうか?
早速、見ていこうと思います。

内定辞退をする際は、
まずは電話を掛けることが重要だと
以前の記事で書かせて頂きました。
内定辞退で電話を掛けるときはどんなことを言えばいい?3

内定辞退の流れは基本、
電話(内定辞退の連絡)→手紙(改めてのお詫び文)
の流れになります。
電話の次は手紙です。決して電子メールのような
メールで送らないようにしましょう

担当者メールを頻繁に開くとも限りませんし、
多忙でメールが埋もれてしまうこともありますので、
メールは良いとも言えません。

もちろん誠意を見せるためには、
メールよりも手書きの手紙の方が、
通じやすいものです。

故に手紙は基本、手書きにしましょう
パソコン書きは避けましょう
手書きで時間はかかっても良いので、
丁寧にゆっくりと書きましょう。

書く内容は、内定をいただいたことへの
感謝の気持ちと、辞退することに対して
申し訳ないというお詫びの気持ちを書いていきましょう。
あとは辞退するに至った理由を書きそろえます。

例文としては、こういった内容で良いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
拝啓
株式会社×××
○○○○ 様

先日は、お忙しい中お時間を頂き
ありがとうございました。

せっかく頂いた内定ではございますが、
自分のやりたい方向と適性を何度も考えた結果、
別の企業にお世話になることを決意致しました。

○○様はじめ御社の採用ご担当の方々には
大変お世話になっておきながら、
このような形で辞退してしまい申し訳ありません。

最後になりましたが、貴社のますますの
ご発展並びにご多幸をお祈り申し上げます。  
敬具

自分の名前○○
大学名・学部○○
住所○○
電話番号○○
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

理由を細かく書く必要はありません
簡単に書くほうが、読みやすくなります
あとはこれで投函するだけです。
内定だけでなく内々定の辞退の際も、一緒の流れです。
これでひと通り内定辞退をするための流れを
説明しました。

では次項に関しては、
内々定と内定の違いならびに、
内々定通知のことについて詳しく書いていこうと思います。


 

おすすめ書籍

 

関連記事

内定承諾・内定辞退の
記事一覧

PR

内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは?

転職・就職活動お疲れ様です。ひょっとしたら既に内定は取り終えている方がいるかもしれませんね。 当サイトでは、就職活動を乗り切った方に『内定後』の動きについて解説していきたいと思います。 (もちろん、内定を取るまでにやるべきことも書いてあります。)
サイト管理人は現在、人材派遣会社で人材コーディネーターとして働いています。 内定後にどうするかを、多くの方に助言してきましたので、そのエピソードを交えながら 色々と解説させて頂きます。

Copyright© 2014 内定承諾・内定辞退は大丈夫!?必ず成功する内定承諾・内定辞退とは? All Rights Reserved.